医療レーザーのデメリットにはどんなものがある?

出力が高く、効果の大きい医療レーザーにもデメリットといえるものはいくつかあります。

 

どちらかというと広く知られているのはメリットの方なのですが、安心して施術を
受けるためにはデメリットについても知っておくべきであると言えるでしょう。

 

では、どんなデメリットがあるのか?
医療レーザーのデメリットは、やはりその出力の高さに関するものが多く挙げられます。
例えば、色にレーザーが反応して脱毛を行っていくものになるために、毛自体の色が薄かったり、白かったりしてしまえば
機械が反応しづらく上手く永久脱毛の効果を得ることができなかったり、あまりにも日焼けの程度が強いとやはり
脱毛ができないこともあります。黒い色に強く反応するわけですから、シミやアザ、またはホクロなどがあった場合には、
その大きさによってかなり強く反応してしまい、ヤケドをしてしまうことなどもあるくらいで、この点に関してはかなり
注意しなければなりません。

 

レーザー脱毛は元々フラッシュ脱毛と比較して照射出力が高く、医療レーザーともなると更に出力が高く
効果が高いために、上記のような問題が肌にあった場合にはかなり肌に危険が及ぶ可能性が高くなってしまうのです。

 

また、デメリットとして特によく知られている料金面についても、話しておく必要があるでしょう。
脱毛行為というのは、医療行為ではあっても保険が適用されるものではありませんから、
100%自分で負担しなければなりません。脱毛サロンでのレーザー脱毛に比べ、
医療レーザー脱毛に関しては料金が高く、自分の金銭面での負担が
非常に大きくなってしまうということになるのです。

 

こういったデメリットがあるということをきちんと把握しておきましょう。
デメリットがあるといっても、これらのデメリットにはきちんと対策を講じることができるようになっています。
デメリットを知り、きちんと対策をとることで肌を守るようにしましょう。

 

医療レーザーの副作用に対して自分でできるケア

医療レーザーのように出力が高い機械を使うとどうしても炎症のリスクが高くなります。
これを防止するには当然機械を扱う側である医師の意識も深く関係してくるわけですが、
それだけではなく自分でも施術後にケアを行うようにすることで、防止することができます。

 

自分で行うケアは何が重要なのか・・・といいますと、とにかく大切になってくるのは“肌を冷やすこと”です。
といっても、湿布などを貼るわけでも制汗剤のようなものを使うわけでもなく、ただ“冷やす”ことが重要になります。
スポーツ選手が使う氷嚢のようなものを使用してただ水と氷を使って皮膚を冷やせばいいだけなのです。
ここで余計なものを使用してしまうと、レーザーを浴びて肌は少なからずダメージを受けていますから、
肌の状態が悪化してしまうことも考えられます。
水と氷だけで冷やすことを第一に考えましょう。

 

注意しなければならないのは、“肌に異常がなければ皮膚を冷やす必要がない”というわけではないということです。
施術の後に肌が真っ赤になったり、毛穴のあった位置にポツポツと赤い点ができたりというときには、
自分でも冷やさなければならないという気持ちになりますが、あまり肌に赤みや熱がない場合には
冷やす必要性がないのでは?と思ってしまう人もいるのです。
これが良くありません。

 

間違いなく、医療レーザーを使用した肌はダメージを負っています。
そして、そのダメージは当然肌に蓄積されており、すぐにダメージが目に見える形となって現れるとは限らないのです。
翌日や翌々日になって赤みが出たり熱を持ったりということも十分にありえますので、何でもなかったとしても
必ず冷やすようにしましょう。